相続放棄で悩んでいるなら京都の司法書士事務所に相談しよう

二人の手

相続放棄の申述書を作成するなら京都の司法書士に依頼

通帳

親が亡くなれば相続が発生しますが、相続はプラスの財産だけではなく借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財産を相続したくないという場合は、相続放棄をすれば免れることが可能です。相続放棄はすべての財産の相続ができなくなりますが、もし被相続人にめぼしい財産がほとんどないのであれば、相続するメリットはほとんどないので相続放棄をした方が良いでしょう。相続放棄をするためには家庭裁判所に対し申述書を提出しなければなりません。京都で相続放棄を考えている方は、司法書士の利用の検討をおすすめします。司法書士は代理人として行動することは認められていませんが、法的な書類の作成を代理することができます。相続放棄の申述書の作成や資料収集は比較的定型的なものであり、特に司法書士を利用して不利になることもありません。弁護士を利用すると単純な仕事でも高額な費用になってしまいます。特にトラブル等を抱えていないなら司法書士で十分です。京都で相続放棄を考えているなら、京都の司法書士事務所を活用しましょう。自分で書類を作成するのと違ってプロが作成をするので間違うことがなく、確実に手続きを行うことができます。

悩む女性

京都で相続放棄を考えている方は司法書士に相談するのが賢明です

身内が亡くなり相続のトラブルに巻き込まれるケースは少なくありません。京都でそのようなトラブルに悩んでいる方は相続放棄を司法書士に依頼することをおすすめします。相続放棄というのは相続に関する民法の…

MORE

Pick Up

相続放棄について京都で相談をする方法

京都で相続放棄の手続についてお悩みの方は、一度京都の司法書士事務所を訪ねてみることをおすすめします。司法書士事務所では、おもに相続相談から不動産登記、成年…

Recent Entry

TOP