相続放棄で悩んでいるなら京都の司法書士事務所に相談しよう

二人の手

京都の司法書士事務所に相談して相続放棄の基礎知識を知ろう

スーツの男性

京都は個人事業主の店舗が多く、借金で悩む方も少なくありません。しかし、借金を負っていた負債者が亡くなってしまった場合、借金を返済する義務を負うのは相続人になってしまいます。故人が残した借金の負債を返済する余裕がない場合は、京都の司法書士事務所などに相談し、相続放棄の手続きを行えば故人が残した借金は帳消しになります。そもそも相続放棄とは、被相続人の財産を一切承継しないということです。これには、借金などの負債も含まれています。相続放棄を行う方法は、詳しくは京都の司法書士事務所に相談することが一番です。しかしもし、最寄りの司法書士事務所がない場合は、次のような方法で相続放棄の手続きを行います。まず相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、京都の家庭裁判所に相続放棄申述書を提出します。この場合、被相続人の住民票の除票が必要になりますので、予め市役所等窓口で申請をし、用意しておきましょう。また、相続人の身分を証明する書類、運転免許証や保険証なども必要です。関係書類を提出し、認められれば相続放棄となります。注意しておきたい点が、故人の生命保険金などは、放棄の対象外となることです。保険金がもらえなくなるのではないかと不安になる必要はありません。

京都で相続放棄を考えているなら司法書士事務所に依頼しましょう

親族が死亡すると葬儀や納骨、役所や銀行など様々な手続きに追われます。この時に忘れてはいけないのが、相続に関わる手続きです。遺産相続はプラスのものだけではなく、マイナスのものが発生する可能性があることに注意をしておかなければなりません。例えば親が内緒で借金を残していたり、老朽化していて売却が難しそうな実家があったりします。そういった負の財産については受け継がない方がメリットとなる場合もあるのです。このような場合は相続放棄という方法があるのですが、この手続きは一般人にはかなり煩雑で難しいものとなっています。そのため相続放棄については専門家である司法書士に依頼するのが確実です。京都においても相続放棄の手続きに詳しい司法書士がいるため、相続問題で悩んでいるなら相談してみるのがおすすめです。実績のある京都の司法書士事務所なら、用意しなければいけない書類や手続きの仕方などをマスターしています。相続放棄には期限があるため、その期限までに書類を揃えたり銀行に出向いたりするのはとても手間がかかります。司法書士であれば、こういったことも代行してもらうことが可能です。京都の司法書士に依頼して、確実に相続放棄の手続きを行いましょう。

京都での相続放棄なら実績豊富な司法書士事務所に依頼しよう

家庭の事情により遺産相続は様々で、思いもかけず故人の借金を引き継ぐケースもあります。特に借金や負債が資産を上回っているなら相続放棄が得策です。管轄の家庭裁判所に書面にて申述を行う事で一切の遺産の相続放棄が可能ですが、申述は一度きりしか認められていません。そして、受理されるかどうかはポイントを抑えミスのない申述書の作成にかかっています。そのため裁判所に提出する書類を作成できる司法書士の助けが大いに役立ちます。京都での相続放棄の手続きには、地元に根付いた司法書士事務所を選ぶのが最善です。京都家庭裁判所にも近く、関する照会書が送付された場合には、迅速な相談ができます。司法書士による相続放棄の手続きには、申述書の作成に必要となる戸籍謄本の収集に関しても一括して依頼することができます。また相続放棄が受理された場合に、申述受理証明書を取り寄せるなどのアフターサービスも可能です。料金体系は司法書士によって異なるため、提示された費用に含まれるサービス内容の詳細や成功報酬制かどうかを確認すると安心です。定評のある司法書士であれば相続放棄の経験も豊富で、確実な申述書の作成が期待できます。料金だけでなく実績数も判断基準の1つとなります。優れた京都の司法書士事務所に相談し、相続放棄を円滑に進めましょう。

悩む女性

京都で相続放棄を考えている方は司法書士に相談するのが賢明です

身内が亡くなり相続のトラブルに巻き込まれるケースは少なくありません。京都でそのようなトラブルに悩んでいる方は相続放棄を司法書士に依頼することをおすすめします。相続放棄というのは相続に関する民法の…

MORE

Pick Up

相続放棄について京都で相談をする方法

京都で相続放棄の手続についてお悩みの方は、一度京都の司法書士事務所を訪ねてみることをおすすめします。司法書士事務所では、おもに相続相談から不動産登記、成年…

Recent Entry

TOP